「ハマって飽きる」を繰り返そう

Life

皆さんこんにちは、きいらすです。

Minecraftで未来都市を作ったり、コミュニティを運営したり、Kindle本を出版したり、Twitterで仕事論をつぶやいたりしている高校生です。

文章を愛する、元不登校です。


本日は「『ハマって飽きる』を繰り返そう」という内容でお話ししていきます。

飽きるのは、決して勿体ないことではありません。


✔この記事を読むメリット

  • 多動な人間になれる
  • 楽しく経験や知識を蓄えられる
  • 猛スピードで成長できる

飽きることを恐れるな

多くの人は「飽きること」を避けたがります。

その裏には、物事に飽きてしまうとそれまでの時間が勿体ないという考えがあるのでしょう。


しかし、実際のところ「ハマって飽きる」を繰り返したほうが成長するのです。


元ライブドア創業者の堀江貴文さんは、自身のベストセラー著書『多動力』で、次のように語っています。

「飽きる」ということは何もネガティブなことではない。飽きるというのは、慣れて、余裕が出たということだ。大事なことは、飽きたらすぐに捨てることだ。

『多動力』 P67

サルのようにハマり、鳩のように飽きることで「経験の数」が増えます。


つまり、成長スピードは格段に速くなるのです。

なので「自己成長」に繋げるためにも、ハマって飽きることが重要だと彼は言います。

多動な者になれ

僕自身も、この「ハマって飽きる」というサイクルを日常的に回しています。


1年ほど前までは、PCゲーム「Minecraft」に没頭していましたが、今は飽きたので中断中。

その後ブログを開設し、あれこれ記事を書いてから飽き、今は再びハマりつつあります。

また、都市伝説・陰謀論に関してもハマっては飽きて…の繰り返しです。


一歩間違えると「ただただ継続できない人」になりかねませんが、経験や知識においては自然と増えていくため、通常より強者になれます。


僕の場合、ブログに挑戦し、文章力を鍛えたおかげで「Kindle出版」という自分なりの理想郷を見つけることもできました。

「点と点が繋がる」とは、まさにこういうことなのかと改めて実感しましたね。


都市伝説・陰謀論に関しても、詳しくなれば「オカルト専門家」として注目を集められるようになるかもしれません。

事実、そういった形で人気になったYouTuberの方などは沢山います。


猛スピードで時代が進む今の世の中では、猛スピードで行動する「多動な者」こそが最強なのです。

たとえ、途中で路線変更をしたとしても「それまでの過程には意味があったんだ」ということを知る時が必ずやってくるでしょう。


飽きることを恐れず、目の前のコトに集中するのみです。

まとめ

それでは、今日の内容をまとめていきます。


「『ハマって飽きる』を繰り返そう」は、次のとおりでした。

  • 飽きることを恐れるな
  • 多動な者になれ


子供だって「ハマって飽きる」の繰り返しで成長していきますよね。

僕らも、多動力のある幼い子供のように生きていきましょう。


というわけで以上となります。

最後までご閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました