勉強ができる=頭がいいとは限らない話【クリエイティブ思考になる方法】

Creative

皆さんこんにちは、きいらすです。


Minecraftや、ブログに熱中しています。

ビジネス業界について約1年半は学んでいる、中学生クリエイターです。


先日、下記のツイートをしました。



「勉強ができる」と「頭がいい」は全く別の意味になってくると思います🕵
最初からある答えを答えられる能力と、自ら新しいものを創り出す能力。僕なら後者がいいですね。何かを生み出す人は、周りより突出した部分がある気がします。その尖っている要素を、いかに活用できるかが大切🍃


ビジネスに関するツイートですね。

本日は「勉強ができる=頭がいいとは限らない話」という内容でお話ししたいと思います。


何かで成果を出したい方は、ぜひご閲覧ください。


勉強ができる=頭がいいとは限らない話

現代人の多くが、ここを勘違いしている気がします。

詳しくは下記のとおりです。

  • 答えを見つける能力
  • 新しいものを創り出す能力
  • 何かを生み出す人は強いです

順に解説していきましょう。


答えを見つける能力

「勉強ができる」とは、答えを見つける能力を指します。

最初から用意されている答えを探し、答えられる能力です。

サラリーマンや学生は、この部類に入りますね。

労働や義務教育のような仕組みは、勉強ができる人を量産しています。


新しいものを創り出す能力

「頭がいい」とは、新しいものを創り出す能力を指します。

答えを見つける側でなく、答えを作る側ですね。

ブロガーやYouTuber、編集者、作家などのクリエイティブな職種が、この部類です。

次の時代を大きく左右するであろう、方々だと思っています。


何かを生み出す人は強いです

結論、クリエイティブ=頭がいい人は強いです。

これからの時代、AIによる単純作業の代替化が進んでいくと、労働はオワコン化します。

労働ではなく創作の価値が上がり、クリエイターが時代を勝ち抜いていくでしょう。

YouTubeやプロゲーマーといった、次世代の働き方を目指すべきだと感じます。


クリエイティブ思考になる方法

次の時代を生きる「クリエイティブ思考」になる方法をお伝えします。

僕なりの考えは、下記のとおりです。

  • 常識を疑う
  • 挑戦し続ける
  • 自分をよく理解する
  • 嫌われる勇気を持つ

順に解説していきましょう。


常識を疑う

何かを生み出すには、常識を疑う必要があります。

今まで習ってきた文化のみで模索しても、過去のアイデアが生まれるだけです。

新しい概念を見つけながら、新しい何かを生み出すのがクリエイターだと思います。

常識を疑い、発見していけるといいですね。


挑戦し続ける

チャレンジ精神を持つと、発見できる数も増えますよね。

「こういう職種があるのか」「こんな生き方があるのか」「◯◯って凄いな」

世の中の物事について探求し、発見する量を増やしていきましょう。

知識があればある程、新しいアイデアは生み出しやすくなります。


自分をよく理解する

これはクリエイティブ云々に限らず、生きる上でも重要なことです。

自分は何をやりたくて、今何をするべきで、どんな壁があって、その乗り越え方は何か……。

そういった要素をより明確にすれば、クリエイティブ関係では楽だと思います。

何か主張をしたいときに、スムーズに言及することが可能になりますからね。


嫌われる勇気を持つ

常識を疑うには、嫌われる勇気を持つことが大切だと思います。

周りの目を気にせず「自分はこう思う!」という主張をできる人は、クリエイティブ思考です。

なぜかというと、過去の当たり前に縛られていても、何も生み出せないからですね。

加えて、嫌われる勇気を持てない人は、何を生み出しても価値あるものは創れないと思います。


まとめ

それでは今日の内容をまとめると…

  • 勉強ができる=頭がいいとは限らない話
  • 答えを見つける能力
  • 新しいものを創り出す能力
  • 何かを生み出す人は強いです
  • クリエイティブ思考になる方法
  • 常識を疑う
  • 挑戦し続ける
  • 自分をよく理解する
  • 嫌われる勇気を持つ

こんな感じです。

勉強ができるからといって、頭がいいとは限りません。

次の時代で必要なのは「正しさ」より「楽しさ」だと思っています。

いかに人の心を動かし、自ら熱狂できるのかが、成功のカギです。

常識を疑い、挑戦しながら自分を理解し、嫌われる勇気を持っていきましょう。


というわけで以上となります。

最後までご閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました