物事を深く捉えると、創作に結びつきます【アイデアは、探しに行くもの】

Creative

皆さんこんにちは、きいらすです。


Minecraftで未来都市を作っています。

ブログでは、毎日2000文字くらいの記事を書いています。


先ほど、下記のツイートをしました。



人より“深く”物事を捉えると、創作に結びつきますね💭例えば、誰かと親密に関わることを「運命」と呼んだりしますが、実際この世に運命は存在するのか。予め人類の行く先は決まっているのか。これは壮大すぎる話ですが、小さなことでも物事を深く捉えてみると、新たな創作の価値観が生まれそうです🧐


創作の価値観についてのツイートですね。

本日は「物事を深く捉えると、創作に結びつきます」という内容でお話ししたいと思います。


何かを生み出す分野において、とても重要な話になります。


物事を深く捉えると、創作に結びつきます

僕自身、これを非常に実感しています。

  • 日常にヒントが隠れている
  • アイデアは、探しに行くもの
  • 稠密なフィクションを作り上げる

順に解説していきましょう。


日常にヒントが隠れている

仕事や人間関係のこともあり、生きているだけで精一杯という方も多いと思います。

しかし、何となく日常に存在しているだけでは、非常につまらないです。

なぜなら、今僕らが生きているこの小さな世界だけでも、様々なヒントが隠れているからです。

僕は「創作」のヒントが多種多様に存在していると実感しています。


アイデアは、探しに行くもの

まず、これを頭に入れておくといいですね。

何も行動しない人が、新しいアイデアを生み出せるわけがありません。

牢屋の中で、わかるはずのない今日のニュースを黙々と考えているのと同じです。

世の中にある情報を受け取って、初めてアイデア生産の一歩を踏み出します。


稠密なフィクションを作り上げる

中身の濃い、稠密なフィクション(創作物)を作り上げましょう。

世界の情報に触れ、その物事を深く捉え、ヒントを見つけ出し、創作に投下します。

これは難しいことでもあるので、最初は小さなことから始めてみてください。

日常の「どういう事だろう」を見つけまくるんです。


日常に存在する「ヒント」の具体例

何かを生み出す際に必要な、ヒントの具体例をご紹介します。

例えば、下記のとおりです。

  • 例①:運命について
  • 例②:信用について
  • 例③:失敗について

順に解説していきましょう。


例①:運命について

皆さんは「運命」は存在すると思いますか?

生きていく上で色んな人と出会いますが、これらが全て運命的なものだとしたら、興味深いです。

家族も、職場の人も、友達も、結婚相手も、あらかじめ決まっているのかもしれません。

そういった世界で、いかに楽しく、幸せに生きていけるかが、人間の生きる意味に繋がると思います。


例②:信用について

よく、お金=信用であるという話を聞きます。

信用が高い(感謝されている)人間に、お金は集まってくると。

嘘をつけば信用を失ってしまうので、どれだけ嘘をつくことが悪事か、改めてわかりますね。

お金は、嘘つきを少しでも減らすために、この世に存在しているのかもしれません。


例③:失敗について

個人的に、失敗とは「人生をバランス良く調整するための通過点」だと思っています。

生まれてから世を去るまで、常に成功している人は、恐らく存在しませんよね。

いくら裕福な家庭で育っても、最終的には病にかかったり、必ず「ダウン」するときが訪れます。

そう考えると、失敗しても楽観的に捉えられる気がしますよね。


まとめ

それでは今日の内容をまとめると…

  • 物事を深く捉えると、創作に結びつきます
  • 日常にヒントが隠れている
  • アイデアは、探しに行くもの
  • 稠密なフィクションを作り上げる
  • 日常に存在する「ヒント」の具体例
  • 例①:運命について
  • 例②:信用について
  • 例③:失敗について

こんな感じです。

具体例の部分は、上手くまとめられなかったかもしれませんね。

要は「常識を疑ってみましょう」ということです。

目の前のことに集中して生きていると、大切なことに気づけなくなってしまいがちです。

たまには一度、心を休ませて、普段気にしたことのない物事に、着目してみてください。

何か新しい発見が、あるかもしれませんよ。


というわけで以上となります。

最後までご閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました