Work

School

社会人が「平均6分」しか勉強しない世界

スマホさえあれば、人生勝ち組だと思っても良いくらいでしょう。 学校で勉強してきたコトでさえ、調べれば一発で表示されてしまいます。歴史上、最も学びやすい時代と言っても過言ではありません。しかしながら、現代の社会人の勉強時間は、なんと「1日あたり平均6分」だそうです。なぜ、これほど勉強しない大人が増えてしまっているのでしょうか?
Money

お金は「届ける作業」をしないと集まらない

2年前、僕はある動画を観て、衝撃を受けました。 それは、堀江貴文さんが行なった「近畿大学のスピーチ」の様子を撮影したものです。そこからビジネスに興味を持ち始め、お金を稼ぐコトにも関心を抱いていきます。ここで僕は、ビジネスにおいて超重要なことを学びました。それは「届ける作業をしないと、稼げない」という点です。
Work

情報を売るビジネスは、詐欺なのか

インターネット時代では、コンテンツ販売が最強のビジネスでしょう。 10人に届けるより、1万人に届けたほうが、収益は大きいですからね。しかし、大半の人はこう言います。「コンテンツ販売は詐欺だ!」「金を巻き上げたいだけだ!」SNSを眺めてみると、こうした声で溢れかえっています。正直、僕はビビりましたね。
School

学校で教わらない、強力なアクション

どの学校でも教わらない、強力なアクションがあります。 結論、その強力なアクションとは「逃げ」です。逃げるという手段は、めちゃくちゃ人生の役に立ちます。「でも、逃げるって良くないんじゃない?」おそらく、大半の人はこう思うでしょう。しかし、現代社会で生きていくなら「逃げ」という手段を使わないと、厳しいです。
Work

YouTubeは、オワコン芸能人の逃げ場なのか

時代は変わり、メディアの在り方も激変しています。 テレビ出身の芸能人が、YouTubeで大成功するケースもたくさん起こっています。たとえば中田敦彦さんや、カジサックさん、江頭2:50さんなどですね。そんな文化に対して、こういった声を投げかける人がいます。「こいつら、オワコン化したからYouTubeに逃げたんだろ」そもそも論、オワコン化しているのはテレビなんですよね。
Work

ぶっ飛んだ挑戦が「壮大な結果」を生む

「誰もがビビるくらいの、圧倒的な結果を出したい」 そう思った経験はありませんか?当然世の中には、夢やロマンを持たない人が多いです。しかしその一方で、大きな目標に向かって努力する人もいます。大昔のハンターも「巨大な動物を狩りたい!」という感情を抱いていたでしょう。では、そういった結果を生むためには、何をする必要があるのでしょうか?
Life

挑戦したら、何かを失うと勘違いしている人

チャレンジって、どう考えても得しかありません。 少しでも挑戦すれば、大きな成長が見込めますし、新しい発見もあります。「でも、失敗したら失うモノがあるでしょ?」挑戦の話をすると、こういった疑問を抱く人が90%現れます。しかし、失うモノなんて何一つありません。冷静に考えてみて欲しいんですけど、そもそも僕らは、大して何も持ってないんですよね。
Work

成功する人は「want」で動く

僕はよく「成功者」を研究しているのですが、そこで一つ気付きました。 少しキツい言い方ですが、何事も「義務感」を抱いたら負けだと思っています。なぜなら、成功する人の多くは「しなければいけない=must」という気持ちで動いていないから。どちらかと言えば「したい=want」という気持ちを抱いて動いています。
Work

100点は取れなくても、1点は取ろう

よく「100点を取ろう!」と、親や先生に言われた人は多いですよね。 学校のテストは「正解」を出せば出すほど、点数が上がり、成績もグッと上がるので。ただ、社会を生きていく上で「完璧」を求めすぎるのは、あまり良くないと思います。完璧を求めすぎてしまうと、仕事や学びといった事が進みません。
Life

「無理に決まってる」と思ってしまう人の心理

いつの時代でも、必ず「諦める人」と「諦めない人」がいます。 実際どちらが「幸福」を掴めるのかと言えば、もちろん後者ですよね。成功する人は皆、息を吸うように「挑戦」し続けています。しかし多くの人は挑戦を諦め、ドリーマーを必死に叩き、平凡すぎる日々を送っています。果たしてそういった人は、どのような心理を持っているのでしょうか?
タイトルとURLをコピーしました