オンラインの「街」を創る【魅力的な環境とは】

Creative

皆さんこんにちは、きいらすです。


Minecraftで未来都市を作っています。

コミュニティ運営もしています。


本日は「オンラインの『街』を創る」という内容でお話ししたいと思います。

ネットでの交流時代にとても役立つ内容だと思うので、ぜひ参考にしてみてください。


オンラインの「街」を創る

僕は今『きいらす創作コミュニティ』というDiscordサーバーを運営しています。

Join the きいらす建築コミュニティ Discord Server!
Check out the きいらす建築コミュニティ community on Discord - hang out with 53 other members and enjoy free voice and text chat.

運営していく際の目標・理想は次の通りです。

  • 向上心を共有する空間
  • 交流できる環境の集まり
  • リモートの学校を開校

順に解説していきます。


向上心を共有する空間

どんな分野でも必要不可欠である「モチベーション」を共有する空間を目指しています。

メンバー同士があれこれ話し合って、アイデアを出し、行動に移す。

時にはお悩み相談をしたりもしますね。

そういうやる気の出る場所を作れたら、面白そうだな〜と個人的に思っています。


交流できる環境の集まり

基本的にどのコミュニティでも「交流」が大切になってきます。

いかにメンバー同士と協力できるか、信頼度を上げられるかが肝(きも)ですね。

そこで使えそうなのが「環境」だと思っています。

交流しやすい環境をあらかじめ作っておけば、誰でも交流しやすくなります。


リモートの学校を開校

先ほどもお話しした通り、やる気の出る場所を目指しているのが同コミュニティです。

アイデアを共有したり、話し相手がいることで向上心は高まるので、今は「学校」を作ったりしています。

その代わり強制力は一切無く、話し合いたいときに話して、アイデアを共有したいときに共有している感じですね。

今後は更に改善していく予定です。


これは「街」と同じ構造である

3つの理想を掲げましたが、要はこれって「街」に近いですよね。


メンバー間の繋がりを重視する

コミュニティは基本、管理者(運営者)がいて、その周りにメンバーがいて、そのメンバー同士が勝手に繋がりあっていくという構図です。

これって完全に「街」の構造と同じ仕組みで、要するに住民同士がコミュニケーションをとったり、市が住民に対して何か「モノ」を与えたりします。

つまりDiscordで運営している自分のコミュニティは、「街」のように仕組みを構築していけばいいのかという結論になりました。


安心感を提供していく

僕らが暮らしている「街」は、安心感があるのが特徴ですよね。

勿論、自分たちの生活圏内なので当たり前の話ではありますが、これは僕のコミュニティ運営で非常に役に立つ情報です。

とにかく安心感を提供していこうと、あれこれ試行錯誤しています。


魅力的な環境とは

同コミュニティ運営の鍵となる「魅力的な環境」とは果たして何なのでしょうか。

どうやら、主に下記の3つがありそうです。

  • 皆で何かを作れる場所
  • 利益を得られる場所
  • 強制力が無く、損をしない場所

それぞれ解説していきます。


皆で何かを作れる場所

例えば学生時代の頃、皆さんは何の行事が一番楽しかったでしょうか。

意見は分かれると思いますが、個人的には「文化祭」が結構いい気がしていますね。

普段は生徒が受け身になって授業を聞いていたのが、その日だけ全て自分たちが案を出し、企画をし、準備をし、開催します。

これはSNSで発信したい人が多いのと同じで「皆と作れる環境」は盛り上がること間違い無しです。


利益を得られる場所

これはコミュニティ運営に限る話ではないですね。

どんな業界でも、お客さんとWIN-WINな関係になることが大切だと思います。

自分の利益ばかりを考えずに、相手の利益も考えてあげてみてください。


強制力が無く、損をしない場所

最も意識しておきたい注意点です。

仕事や勉強も、無理してやろうとするから楽しめなくなり、継続しづらくなります。

つまり強制力=幸福度に比例するというわけですね。

コミュニティ運営でも「強制力の無い場所」を一番に考えていきたいと思います。


向上心の素材とは

やる気の出る場所を作りたいと述べましたが、やる気ってどうすれば出せるのでしょうか。


結論:自分にとっての利益

結論、向上心の素材=自分にとっての利益だと思っています。

SNSでいいね(利益)が増えると、嬉しいですし、やる気も上がりますよね。

多方面から利益を得られると、快感が凄いと思います。


相手の取り分にフォーカスすべき

コミュニティ運営をする場合なら「入会者の取り分」を考え、構築していかなければいけません。

つまり、常に相手の取り分や、メリットになることを与えていくと良いです。

どれだけ向上心=相手にとっての利益を導き出せるかに委ねられています。


自分にとっての利益も考えていく

相手の取り分も大切ですが、自分に利益が無ければ事が続きませんよね。

何かしらを「取得」していかないと、モチベが消失し、継続が困難になってしまいます。

「SNSならいいね」「コミュニティ運営なら入会者数」と、自分の取り分も明確にしていきましょう。

そうすれば、WIN-WINな関係を築き上げることができます。


まとめ

それでは今日の内容をまとめると…

  • オンラインの「街」を創る
  • 向上心を共有する空間
  • 交流できる環境の集まり
  • リモートの学校を開校
  • これは「街」と同じ構造である
  • メンバー間の繋がりを重視する
  • 安心感を提供していく
  • 魅力的な環境とは
  • 皆で何かを作れる場所
  • 利益を得られる場所
  • 強制力が無く、損をしない場所
  • 向上心の素材とは
  • 結論:自分にとっての利益
  • 相手の取り分にフォーカスすべき
  • 自分にとっての利益も考えていく

こんな感じです。

ただ、これらを意識すれば確実に上手くいくと思うので、良ければ是非(コミュニティ運営に限らずです)。

『きいらす創作コミュニティ』もお気軽にご参加ください(誰でも参加可)。

Join the きいらす建築コミュニティ Discord Server!
Check out the きいらす建築コミュニティ community on Discord - hang out with 53 other members and enjoy free voice and text chat.

というわけで以上となります。

最後までご閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました