そのルールに意味はあるのか

School

皆さんこんにちは、きいらすです。

Minecraftで未来都市を作ったり、ネット個展を開催したり、コミュニティを運営したり、Twitterで仕事論をつぶやいたりしている中学生です。

不登校でひきこもりながら、ビジネスの研究をしまくっています。


本日は「そのルールに意味はあるのか」という内容でお話ししていきます。

学校の校則などについて、考えていきましょう。


✔︎この記事を読むメリット

  • 息苦しい環境から抜け出せる
  • 変なルールに出会った際の、解決策がわかる
  • 学校の校則に正しく接せられる

ルールに意味はあるのか

思考停止になってはいけません。

ルールの違和感

僕らは皆、あらゆるコミュニティに属しています。


たとえば学校、会社、組織など。

もっと狭い視野で考えたら「家族」、逆に広く考えたら「国家」も、一つのコミュニティですよね。


人間、誰しもがコミュニティに属して日常を送っています。

そんなコミュニティですが、おそらく大半の人は、どこかストレスを感じているはずです。

具体例を挙げるとすれば「ルール」や「人間関係」などでしょう。


僕が今回お話ししたいのは、ルールに関してです。


皆さんも、学校や会社などのコミュニティで、一度は感じたことがありますよね。

  • このルール、必要なくない?
  • ルールって、なんで存在するんだろう
  • 変なルールのせいで、めちゃくちゃ疲れる…

いちばん上の思考は、僕も抱いたことがあります。


というか、1週間に1回はそう思ってますね笑

実はルールって、必要ないものが結構あるんです。

学校の校則

特に「学校の校則」なんかは、無駄なルールが多すぎる気がします。

ネット上でも、議論を呼びやすいトピックですよね。


無駄なルールとして、下記のような校則があったりします。

  • 髪色は黒にしろ!
  • スカートは膝下!
  • ポニーテール禁止!
  • ツーブロック禁止!
  • 下着の色は黒 or 白!
  • 髪留めの色も黒一択!
  • スマホの持ち込み禁止!
  • 日焼け止めの使用禁止!
  • 休み時間は全員外に出ろ!
  • 登下校時は日傘を使うな!

はい、間違いなく全て不要ですね笑

そもそも、こういったルールの大半は「意味」や「根拠」がないんです。


意味もなく主観でルールを定めるのは、もはや錯誤に当たります。

しっかりと明確な「意味」や「根拠」があるなら、納得する場合もあるかもしれません。

ですが、意味や根拠すら公表せずに「従え!」というのは、無理矢理すぎるでしょう。


学校に限らず、その他のコミュニティでも「無駄なルール」は多いです。

疑う目を持つ

では、こういったルールに出会った際、どのように対応すれば良いのでしょうか?

結論としては「疑う目」を持つべきだと、僕は考えています。


それこそ僕は、学校の校則に「このルール、必要ある?」という目線で対応していました。

しかし、周りの友達や、同じクラスの人はこう伝えます。


「ルールなんだから、従ったほうがいい」


これ、真っ当な意見のように思えますが、めちゃくちゃな発想ですよね。

完全に思考停止してますし、ルールの本質を理解できていません。


何度も書いて申し訳ないですが、ルールは「意味」があるから必要なんです。

逆に意味のないルールは、いくら綺麗事を並べても「不要」となります。

なので、まずは「そのルールに意味はあるのか」という思考で、疑ってみてください。


違和感を抱いたら、そのルールを変えるための工夫をしていきましょう。

上手く変えることができれば、闇のトンネルから解放されるはずです。


ただ、「変えられないルール」も山ほど存在します。

変えられないルールに出会った際は「環境」を変えるのが手っ取り早いでしょう。


息苦しい環境から抜け出し、自分に合った環境を探してみるといいですよ。

  • 転校する
  • 不登校になる
  • 会社をやめる
  • 独立する

必ず方法はあるので、落ち込まなくても大丈夫です。

疑う目を持ち、無駄なルールを取っ払い、幸せを掴み取りにいきましょう。

まとめ

それでは、今日の内容をまとめていきます。


「そのルールに意味はあるのか」は、次のとおりでした。

  • ルールの違和感
  • 学校の校則
  • 疑う目を持つ


意味を探すって、とても大切だと思います。

ルールに惑わされず、己の道を歩んでいきたいですね。


というわけで以上となります。

最後までご閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました