疑問を深掘りすれば「宝」は見つかる

Life

皆さんこんにちは、きいらすです。


Minecraftで未来都市を作ったり、コミュニティ運営をしたり、記事執筆をしたり、ビジネスの実験をしたりしている中学生クリエイターです。

「面白いモノしか作らない文化人」を目指して、日々活動中です。


さて、本日は「疑問を深掘りすれば『宝』は見つかる」という内容でお話ししたいと思います。

日常のヒントを見つけるお話ですね。


この記事を読めば、次のメリットがあります。

  • 幸せな習慣を身につけられる
  • 結果を出すヒントが見える
  • 宝を探しに行く冒険ができる

ぜひ、最後までご閲覧ください。


疑問を深掘りすれば「宝」は見つかる

これは僕が超思ってることです。


日常の疑問をスルーしてはいけない

生きている以上、わからないコトって沢山あると思うんです。

「ナゼあの人は愛されるのだろう」「ナゼ知名度が上がらないのだろう」「ナゼ幸せになれないのだろう」


誰しもが、一度は疑問に思ったりするはずです。

そして、それらの解決には目を向けず、今日も明日も辛い日常を送り続ける。

こういった人も、絶対にいるんです。

では「幸せな人」と「不幸せな人」の線引きは、果たしてなんなのでしょうか?


答えは明確で「深掘りする人」か「深掘りしない人」かという違いです。

ここで言う深掘りとは「追求」という意味でもあります。


要するに、先程のような日常に潜む「疑問」を放棄して、追求せずに現状維持を選択する人は、幸せになれないと僕は考えています。

宝という名のヒントはすぐ真下に隠れているのに、掘り出そうとしないわけです。


しかも、真下に宝があることを直感で理解しているが故にです。

もはやこれは、人生の損失ですよ。

一体ナゼ、人々は疑問を追求しようとしないのでしょうか?


ゲージが溜まっていない

疑問があるとわかっているのにも関わらず、大半の人が追求しようとしない理由は「体力ゲージ」にあります。


ゲーム好きな方なら、画面上にHP(体力)だったり、経験値だったりが表示されてるのをよく見ますよね(普通の人でも知ってるかもですね)。

まさにあの「ゲージ」が溜まっていない人=疑問を追求しない人だと考えています。


体力とか経験値とか、わかりませんが自分の「パワー」が足りないというわけです。


いくら地面を掘ろうとしても、体力が不足していたり、コスパの良い掘り方を知らなければ、宝の場所まで掘ることはできませんよね。

頭がいい人や、経験を積んできた人、体力が十分にある人なんかは、ゲージが普通より溜まっているので、疑問を奥深いラインまで掘り続け、追求できるんです。


「こうしたら解決するんじゃないか」「逆の場合はどうなんだろう」と、常に思考を止めない人が、結果的に宝をゲットして、仲間やお金を集める。

よく「現状維持は退化する一方」と言いますが、まさにそのとおりで、結局「考え続けた者」が栄冠を勝ち取ると思っています。


追求できるのは○○だから

思考を止めない人が、疑問に思ったことを追求できる最大の理由は「好きだから」です。

やっぱり結局はここに辿り着くんですけど、例えば学校の授業とかって、大半の人はスルーしたかったし、実際にそうしてた方も多いかもしれません。


その本質的な理由って、何も「やる気が足りない!」とか「集中力がない!」とかじゃなくて、単純に「好きじゃないから」なんですよね。


好きだから疑問に思ったことを追求したくなるし、嫌いなことに熱心な人って、もはや「熱意を生む天才」だと思います。

大多数の人は、好きなこと以外スルーしたい=追求しないので、まずは物事を好きになる段階から始めてみるといいですよ。

いちばん最初の話に戻ると「ナゼあの人は愛されるのだろう」「ナゼ知名度が上がらないのだろう」「ナゼ幸せになれないのだろう」といった日常に潜む疑問ですね。


愛される人、知名度を上げる方法、幸せになれる生き方……。

疑問に思う分野“自体”を好きになることで、9割の疑問は解決できます。


僕も「ナゼ、ラーメン屋にビールの広告が沢山貼ってあるんだろう」と思い、考えに考え抜いた 結果「ビールが飲みたいときにビールの広告があれば、普通より広告効果が上がるから」という答えが見つかりました(間違ってたらすみません笑)。


そんなこんなで、皆さんも日常に潜む「疑問」はなるべく深掘りし、宝を追求し続けてみてください。

ワクワクで面白い毎日が待ってるはずですよ。


というわけで以上となります。

最後までご閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました