仕事に限界を感じる理由【100点を求めてはいけない/解決策とは】

Work

皆さんこんにちは、きいらすです。

ブログ・アフィリエイトで月収10万円を目指している中学生です。

毎日、好きなコトを仕事にしています。


  • 「仕事に限界を感じていて、しんどいです」
  • 「結果は出ないし、人間関係も悪い…」

そんな社会人の悩みに、お答えしていきます。

やっぱり仕事は、ワクワクしながら続けたいですよね。


本日は「仕事に限界を感じる理由」という内容でお話ししていきます。

仕事がしんどい社会人の方は、ぜひ最後までご閲覧ください。


✔︎この記事を読むメリット

  • 仕事に限界を感じる理由がわかる
  • 仕事に限界を感じるときの解決策がわかる
  • 人間関係による問題を、突破できる

仕事に限界を感じる理由

では早速、仕事に限界を感じる「理由」について、書いていきます。

僕なりの推測では、下記の3つだと思います。

  • 好きなコトではないから
  • 結果が出ないから
  • 人間関係による問題があるから

順に解説していきましょう。

好きなコトではないから

そもそも論、好きな仕事でなければ続けられません。


いくら会社の上司がパワフルでも、嫌いな仕事だったら限界を感じるはずです。

逆に、幸せな人の大半は「好きな仕事」で生きているでしょう。


好きな仕事をすれば、次のメリットがあります。

  • 毎日が楽しくなる
  • 気合いを入れずに働ける
  • 努力という概念がなくなる
  • 自分に合った人と関われる
  • 働きまくって、稼ぎやすくなる

もはや長所しかないですね。

ストレスが減るので、人生が充実することも期待できます。


仕事に限界を感じる人は、好きなコトを仕事にしてみましょう。

結果が出ないから

結果が出なければ、やがて仕事に限界を感じてしまいます。

ゲームをする際も「レベル」が上がっていくと、めちゃくちゃ嬉しいですよね。


この感覚は、仕事をするという点でも重要だと思います。

例えば僕はブログを書いていますが、この場合「文章力を上げる方法」について試行錯誤するわけです。


考えて考えて、実際に文章力が上がれば「またやりたい!」と快感を得られます。


このサイクルを回していけば、仕事に限界を感じるどころか、仕事が楽しくなるでしょう。

自分が得意なコトで、結果を出しやすい仕事をしたほうが、絶対いいです。

人間関係による問題があるから

仕事をする上で付きまとってくるのが、人間関係の問題です。

職場の上司、同僚など、こういった人間関係が悪くなれば、仕事に限界を感じる面があるでしょう。


おそらく、皆さんの中にも人間関係で悩んでいる人は多いですよね。

  • 「どうすれば、上司と良い人間関係を築けるのだろう…」
  • 「同僚との付き合いがめんどくさくて、嫌になる…」

このような悩みを抱えていれば、仕事に限界を感じてもおかしくないです。


僕が学校に通っていた頃、先生との接し方に苦労したりしました。

あるいは、友人からの誘いに断る方法とか、まるで重い物を引きずっているかのような心で考えてましたね笑


そんな僕が思う「人間関係の悩み」の解決策は、後ほどお伝えします。

仕事に限界を感じるときの解決策

それでは、解決策についてお話ししていきます。

具体的なポイントは、下記のとおりです。

  • 楽しい仕事をしよう
  • すぐに結果を求めない
  • 圧倒的にギブをする

順に解説していきましょう。

楽しい仕事をしよう

もう、これが全てですね。

楽しい仕事をしていれば、間違いなく人生は充実します。


当然ながら、限界を感じる機会も減るでしょう。

しかし、多くの人は、次のような意見を抱いてしまいます。

  • 「楽しい仕事なんて見つかりません」
  • 「そんなハッピーに仕事ができる人は、一握りでしょ?」

これが大多数の反応です。


僕なりの回答としては「得意なコトから始めよう」ですかね。


どんな人でも、得意なコトって必ずあるんです。

喋りが下手だったら、逆に聞き上手かもしれませんし、運動が苦手だったら、ゲームが得意かもしれないわけです。


まずは「自分が少しでも得意なコト」に、目を向けてみてください。

そういった仕事を続ければ、やがて楽しくなっていくはずです。

すぐに結果を求めない

社会人で、結果を求める人って多すぎますよね。

これは誰かに求めるというより、自分自身に求める人が多いと思います。


例えば、下記のとおり。

  • 時間の決まりに、100パーセント従う
  • いつも上司の顔色をうかがう
  • 職場の人間全員と、仲良くなろうとする
  • 深夜1時まで、残業したがる

こんな感じで仕事を続けると、確実に疲れます。

なんでも100点を求めていたら、そりゃ限界とか感じるでしょ!って思いますね。


結果を求めてしまう原因は、義務教育にあると考えています。


テスト勉強、行事の練習など、めちゃくちゃ完璧を求められましたよね。

そういった教育のクセが、社会人になっても残ってしまうのでしょう。


なので、結果を求めすぎないことは、仕事をする上でも重要です。

少しずつ成長していけば、全く問題ありません。

圧倒的にギブをする

仕事では、圧倒的にギブをしましょう。


先ほどの「すぐに結果を求めない」という点と、矛盾している気がしますが。

ただ、これさえ意識していれば、良い人間関係を築くこともできます。

それこそ上司や同僚が気に入るような、強いギブをし続けるわけです。


会社に貢献したり、仕事をより頑張ってみたり……。


もちろん、可能な限りですけどね。

人間関係を良くしていきたいなら、丁度いいラインまで頑張ってみてください。


ただ、どう考えても付き合う必要のない人は、捨てましょう。

無駄な関わりができてしまうと、後々めんどくさい羽目になります。


仕事に限らず、人間関係については要注意ですね。

まとめ

それでは、今日の内容をまとめていきます。


「仕事に限界を感じる理由」は、次のとおりでした。

  • 好きなコトではないから
  • 結果が出ないから
  • 人間関係による問題があるから


そして「仕事に限界を感じるときの解決策」というお話もしました。

  • 楽しい仕事をしよう
  • すぐに結果を求めない
  • 圧倒的にギブをする

とりあえず、楽しい仕事をするのが最重要です。


仕事に限界を感じる理由がわかれば、かなり楽になりますよ。

この記事が、少しでも読者さんの参考になれば幸いです。


というわけで以上となります。

最後までご閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました