カラオケの未来を予想します【結論:家で歌うのが主流/コロナの影響】

Marketing

皆さんこんにちは、きいらすです。


Minecraftで未来都市を作ったり、コミュニティ運営をしたりしています。

エンタメを愛する中学生クリエイターです。


先日、下記のツイートをしました。



カラオケの未来は「家で歌う」だと思います🎤
今回のコロナで、いかにカラオケの室内が感染しやすい場所か、理解した方も多いですよね。将来的には、家で何かしらの形で歌うのが当たり前になる気がします。最近の家庭用ゲーム機にも、カラオケが搭載されてたりします。安全性と利便性が求められる🎪


エンタメに関するツイートですね。

本日は「カラオケの未来を予想します」という内容でお話ししたいと思います。


この記事を読めば、次のメリットがあります。

  • カラオケだけでなく、世界の未来が見える
  • 将来に求められる要素がわかる
  • 今後のエンタメの楽しみ方が学べる

ぜひ、最後までご閲覧ください。


カラオケの未来を予想します

早速、カラオケの未来を予想していきます。

主に下記のとおりです。

  • カラオケ店が消える
  • 家で歌うスタイルになる
  • 安全性と利便性が求められる

順に解説していきましょう。


カラオケ店が消える

まず、カラオケ店に限らず「外の店舗」の大半は消えると思っています。

今回のコロナで、いかに店内の感染リスクが高く、経営難に陥りやすいかが明確になりましたよね。

特にカラオケは「飛沫感染」のリスクが高すぎるので、今のスタイルで生き残るのは難しいでしょう。

では、どういったスタイルに変化するかというと、次のとおりです。


家で歌うスタイルになる

カラオケの未来は、高確率で「家で歌う」スタイルになるでしょう。

もともと「将来は家でカラオケだろう」と思っていましたが、今回のコロナがさらに後押ししますね。

「在宅ワーク」や「オンライン飲み会」が話題ですが、次は「在宅カラオケ」が流行るかもです。

ストレス発散になりますし、流行の日は近いと思っています。


安全性と利便性が求められる

これはカラオケだけでなく、あらゆる業界の未来ですね。

現代人はすでに「時間がない」という問題を抱えているので、コスパの良い行動をしたがっています。

そうなると、わざわざ感染リスクが高い&コスパの悪い「外出」を控えるようになります。

運動以外は、安全性と利便性の高い「家で行う」に置き換わっていく気がしますね。


コロナ時代の「生存戦略」とは

コロナ時代では、どのように生き残らなければいけないのでしょうか。


進化する際は、犠牲を伴う

例えば、これほど激動の時代でも「同じ働き方」をするメリットってありますかね?

むしろ「時代に適応できないまま沈む」リスクしかないと思います。

コロナ期間にも関わらず「3密になろう!」と考えている人は、少数ですよね。

進化する際は、かならず何かしらの犠牲を伴わなければいけません。


「認める心」がなければ進めない

コロナ時代で生き残るには「認める心」が必要です。

犠牲を伴ったり、それにより損失を出すこともありますが、認めなければ前進できません。

今まで通りのスタイルで、やがて本当に沈んでいきます。

変化せざるを得ない時代なので、そこは「認める心」を常に持っておきましょう。


情報に感染すると、厄介である

皆さんもコロナで実感されたと思いますが「情報」って怖いですよね。

メディアが必要以上に不安を煽ったり、ネットでデマを拡散する人がいたり、かなりの強者です。

今後は「ウイルス」だけでなく「情報」の感染にも注意していく必要があります。

情報は、自分なりの結論を導き出す「材料」に過ぎません。


まとめ

それでは今日の内容をまとめると…

  • カラオケの未来を予想します
  • カラオケ店が消える
  • 家で歌うスタイルになる
  • 安全性と利便性が求められる
  • コロナ時代の「生存戦略」とは
  • 進化する際は、犠牲を伴う
  • 「認める心」がなければ進めない
  • 情報に感染すると、厄介である

こんな感じです。

少しでも良い未来を生きるため、一緒にがんばっていきましょう。


というわけで以上となります。

最後までご閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました