意味のない苦労はタイムロスでしかない

Life

皆さんこんにちは、きいらすです。


Minecraftで未来都市を作ったり、コミュニティ運営をしたり、記事執筆をしたり、ビジネスの実験をしたりしている中学生クリエイターです。

「面白いモノしか作らない文化人」を目指して、日々活動中です。


さて、本日は「意味のない苦労はタイムロスでしかない」という内容でお話ししたいと思います。

努力や苦労についてのお話ですね。


この記事を読めば、次のメリットがあります。

  • 時間を無駄にせず使える
  • 挑戦が楽しくなる
  • やりたいコトを見つけられる

ぜひ、最後までご閲覧ください。


意味のない苦労はタイムロスでしかない

多くの人が勘違いしている点です。


大事なのは目的

よく「苦労しないと大成できない」といった教えを聞くと思います。

親、家族、学校の先生、会社の上司など、周りの人に言われる機会が多いですかね。

皆さんも一度は、そう言われたことがあると思います。


でもその「苦労」って、果たしてどんな行動を指すのでしょうか?

スキルを磨くこと、誰かを喜ばせること、仕事に励むこと、勉強すること、生きること……。


苦労のタイプは様々ですが、僕は「意味のあるコトに没頭する」という行動が、苦労だと思っています。

逆に「意味のないコトに没頭する」のは、苦労ではなく消耗ですかね。

何かしらの夢や目的があって、そこへ辿り着くための手段には明確な意味があります。


なので、なんとなくダラダラと行動したり、没頭していては意味がありません。

「俺はこれをやりたい!」という熱量と、それに伴った行動力さえあれば、意味のある苦労に直結するのではないでしょうか。


皆さんが今やっている仕事や勉学には、明確な「目的」がありますか?

ただ成績を上げるために勉強に励んだり、ただ給料を貰うために働いたりしていたら、要注意です。


下手すれば、それらの苦労は「意味がない」可能性がありますからね。

目的がないと、結果的に「あの頃は消耗してたな…」と後悔することになりかねません。


自分を見つめ直してみる

学生に限らず、社会人でも「目的がない」という方が多い印象です。

目的がなければ、今やっている苦労が消耗で、タイムロスになっている可能性がありますからね。


いくら「◯◯をやっておきなさい」と言われていても、目的や意味がなければ本当に無駄です。

まずは目的を作りましょう。

目的の作り方は「自分を見つめ直す」というアクションを起こすだけです。


自分が本当にやりたいこと、やりたくないこと、楽しく思えることなどを探します。

とは言っても、これが意外と難しかったりします。

そもそも「やりたいコト」がないから、目的も見つからないわけですからね。

多くの人が直面する問題かもしれません。


ただ、個人的に思う「やりたいコトを見つける方法」があります。

それは、とにかく沢山の「挑戦」をするということです。


呼吸をするように挑戦して挑戦して挑戦して、自分が本当にやりたいコトを見つけます。

たとえ小さな挑戦でも構いません。

「今日は遠回りで帰ってみようかな」「新しいゲームを遊んでみようかな」「気になった商品をYouTubeで色々調べてみようかな」

本当になんでもいいので、この作業を繰り返すんです。

少しでも「楽しい」と思える行動があれば、それがあなたの「やりたいコト」に近い可能性があります。


世の中は、意外と面白いモノだらけなので、色々試してみてください。

陰ながら応援しています。


というわけで以上となります。

最後までご閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました