クリエイティブな仕事に向いていない人【3種類/突飛力を鍛えよう】

Creative

皆さんこんにちは、きいらすです。

ブログ・アフィリエイトで月収10万円を目指している中学生です。

不登校になりつつ、ほぼ毎日、何かしら作っています。


  • 「クリエイティブな仕事に向いていない人は、どんな人だろう?」
  • 「興味はあるけど、自分も向いていないかもしれない…」

そんな創造的な人の悩みに、お答えしていきます。

果たして、クリエイティブな仕事に向いていない人は、どんな特徴があるのでしょうか?


本日は「クリエイティブな仕事に向いていない人」という内容でお話ししていきます。

創作などに興味がある方は、ぜひ最後までご閲覧ください。


✔︎この記事を読むメリット

  • クリエイティブな仕事に、向いていない人の特徴がわかる
  • 一つのコトを継続する方法がわかる
  • 常識に囚われない、自由な発想力を持てる

クリエイティブな仕事に向いていない人

結論から言うと、3つの種類がいます。

主に下記のとおりです。

  • その①:想像力がない人
  • その②:継続力がない人
  • その③:突飛力がない人

順に解説していきましょう。

その①:想像力がない人

想像力がない人は、クリエイティブな仕事に向いていないと思います。


何かを作る仕事って「想像」がめちゃくちゃ大事ですよね。

むしろ、クリエイティブは想像する段階から始まっていると言っても良いでしょう。


僕が記事を書くときも、まずは「構成」から考えていきます。

  • キーワード選定
  • タイトル決め
  • 読者の悩みと解決策
  • 解決策の根拠
  • ターゲット選定
  • 顕在ニーズ
  • 潜在ニーズ
  • マネタイズ方法

最初に構成を決めてから、記事を書くんです。

つまるところ、これらの構成を想像できなければ、クオリティの高い記事は書けません。


なので、想像力がない人は、クリエイティブな仕事に向いていないと言えます。


「じゃあ、自分は想像力がないから向いていないのか…」

そう悩む方に、朗報です。


想像力は、誰でも鍛えられると僕は考えています。

次のステップを意識しましょう。

  • STEP①:常識を捨てる
  • STEP②:スキを探す
  • STEP③:?に注目する

想像力がないのは「常識」が邪魔をしているからかもしれません。


なので、まずは常識を捨て、思想を大切にしてみてください。

クリエイティブな人の多くは、自分たちの思想を大切にしていますよね。


また、思想を大切にしつつ、自分の「スキ」を探します。

要するに「オカルト系が好きだから、それについて調べてみよう」などです。

好きな分野であれば、さまざまな想像が働くので、想像力を鍛えることができます。


あとは「?」にも注目してみましょう。

「ナゼ、人は流行に乗りたがるのだろう」「ナゼ、SNSの利用者が多いのだろう」


素朴な疑問でもいいので、これらに注目して、想像する機会を増やしてみてください。

コツコツ実践していけば、クリエイティブな人間になれるはずですよ。

その②:継続力がない人

継続力がない人は、クリエイティブな仕事に向いていないと思います。

これはどんな仕事でも共通しますが、継続は力なりです。


ブログも、継続力がない人の場合、フルーツ(成果)を掴むことは不可能と言われています。

いくら想像力があっても、作業を「継続」できなければ意味がありません。


逆に言うと、継続力さえ身に付けば、クリエイティブな仕事に専念することができるでしょう。


僕は1年くらい「記事執筆」という作業を続けてきました。

これが意外とシンドイのですが、最近やっと慣れてきた感じです。


そんな僕が思う「継続するコツ」を解説しましょう。

主に下記のとおりです。

  • スキな分野で攻める
  • 夢を設定し、前進する
  • 楽しみを増やす

この3つを行えば、僕は完璧だと思います。


先述の内容と繋がりますが、いちばんは「スキな分野で攻める」ということ。

やっぱり、好きじゃなければ継続なんて無理です。


クリエイティブな仕事に向いている人は、この「スキ」を探すのが得意だったりします。

或いは、なんとか継続していたら、自然と好きになっていた場合も。


そして「夢設定」も大事なポイントです。

夢があれば、たとえシンドくても長く継続できたりしますよね。

僕だったら「ブログ月収10万円を目指す」「タワマンに住む」などです。


あとは「楽しみ」も見つけられれば、完璧だと思います。

夢と似ていますが、その違いは「短期的か、長期的か」という点です。

  • 夢=長期的
  • 楽しみ=短期的

要するに、こういうことです。


「夢」は長い目で設定して、「楽しみ」は短いスパンで決めてみてください。

継続力がない人でも、圧倒的に続けられると思います。

その③:突飛力がない人

正直、これがあれば、最強なクリエイティブ人間になれる気がします。


この「突飛力」は僕の造語で、意味は「ハチャメチャな発想ができる力」的な感じです。

先ほどお話しした「常識を捨てる」という行動に繋がりますね。


大半の人は、常識という固定観念が、何十年も植え付けられています。

それは学校教育や、会社のルールによって形成されています。


いわゆる、次のような価値観ですね。

  • 皆と同じように動け
  • 残業はサボるな
  • いい大学に通い、いい企業に入れ
  • 安定を求めて働け
  • 夢など捨てて現実を見ろ

クリエイティブな仕事に向いている人は、こういった「常識」を捨てています。

常識を捨てれば、新しい思想が生まれるからです。


過去に「大陸移動説」を提唱したウェゲナーも、同様です。

彼は非常にクリエイティブで、突飛力があります。

アメリカ大陸とアフリカ大陸の、海岸線の形が似ていることから大陸移動説は生まれました。


常識を覆すこの説に対して人々は、かなり馬鹿にしていたそうです。

しかし今では、大陸移動説は有力視され、教科書にも載るようになりましたよね。


常識=真実とは限らないので、皆さん独自の「思想」が大切です。


ハチャメチャな突飛力を持ち、クリエイティブに生きていきましょう。

クリエイティブな仕事の需要

では、クリエイティブな仕事の需要についても、解説していきます。

結論から言うと、需要しかないと思います。

最も需要のある業界

クリエイティブな仕事は、世間的にも需要が高まっている業界です。

過去もそうでしたが、今後はさらに「クリエイティブ業界」が伸びていくことでしょう。


今回のコロナで、数多くの業界は大ダメージを受けています。

しかし、そんな中でもクリエイティブ業界(IT、デザイン等)は加速していますよね。


むしろ、コロナが業界を後押ししている印象すら抱いています。

僕が住んでいるブログ業界も、多くの人が成果を求めて参入しています。


もし参入したい場合、「転職サイト」がいい選択肢だと思います。

  • 転職hone:プロの転職サポーターが本気の転職活動を本気でサポートしています。
  • ポジウィルキャリア:年収最大150万アップの実績。圧倒的な転職コンサルティング支援です。
  • DMM MARKETING WEBCAMP:転職を本気で考えている方向けのWEBマーケティングスクールです。

この3つであれば、どれでも問題ないでしょう。

無料カウンセリングがあるので、最初はそこからですね。

向いていない人でも大丈夫

クリエイティブな仕事に向いていない人でも、大丈夫です。


先述の「クリエイティブな仕事に向いていない人」という項目を、把握しましょう。

内容は、次のとおりでしたね。

  • その①:想像力がない人
  • その②:継続力がない人
  • その③:突飛力がない人

これらに該当する人は、向いていないというお話でした。


しかし、逆に言えば「この3つの能力さえ鍛えればOK」なわけです。


具体的なコツも書いているので、ぜひ参考にしてみてください。

たとえクリエイティブな仕事に向いていない人でも、大きく改善できるでしょう。

挑戦から始めよう

まずは、挑戦から始めていきましょう。

何事も「チャレンジ精神」が命であり、そこから全てが始まっていきます。


クリエイティブな仕事も、興味があるなら参入すべきですね。


しかも、クリエイティブな仕事は多くの利点があります。

  • 想像力が鍛えられる
  • 継続力が鍛えられる
  • 突飛力が鍛えられる
  • お金を楽しく稼げる
  • 自由に生きることができる
  • 世の中の流れを見極められる

これ以外にも数多くのメリットがありますね。

クリエイティブな仕事は、始めて損がありません。


先述のとおり、世間的な需要も高まっているので、挑戦する価値は大いにあります。

「でも、何から始めればいいのだろう…」「オススメの仕事が知りたい」


そう悩んでいる方は、下の記事をご閲覧ください。

最初は「副業」として始めてみましょう。

まとめ

それでは、今日の内容をまとめていきます。


「クリエイティブな仕事に向いていない人」は、次のとおりでした。

  • その①:想像力がない人
  • その②:継続力がない人
  • その③:突飛力がない人


そして「クリエイティブな仕事の需要」というお話もしました。

  • 最もニーズのある業界
  • 向いていない人でも大丈夫
  • 挑戦から始めよう

向いていない方でも、少しずつ改善していけばOKです。


クリエイティブな仕事は、めちゃくちゃ楽しいです。

自由に働けますし、興味がある方はホントに参入すべきだと思います。


というわけで以上となります。

最後までご閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

  1. […] ブログへ飛ぶ! […]

タイトルとURLをコピーしました