お金持ちに対する嫌悪感を捨てろ

Money

皆さんこんにちは、きいらすです。

Minecraftで未来都市を作ったり、ネット個展を開催したり、コミュニティを運営したり、Twitterで仕事論をつぶやいたりしている中学生です。

不登校でひきこもりながら、ビジネスの研究をしまくっています。


本日は「お金持ちに対する嫌悪感を捨てろ」という内容でお話ししていきます。

お金の勉強は、欠かせません。


✔️この記事を読むメリット

  • お金持ちに対する嫌悪感を捨てられる
  • コロナが及ぼす悪影響を、整理できる
  • 知識を蓄え、人々を救うことができる

お金持ちに対する嫌悪感を捨てろ

間違いなく、捨てるべき概念です。

経済打撃

今回の新型コロナウイルスで、世界は莫大な経済打撃を受けました。

その空気は、今も落ち着く気配がありません。


日本国内では「コロナ解雇」や「飲食店の時短営業」が、さまざまな議論を呼んでいますね。

「経済が止まると、人が死ぬ!」

こういった声が、後を絶ちません。


そもそも論、なぜ経済が止まると、人が死んでしまうのでしょうか?


結論は「生活を賄えなくなり、自殺」ですよね。

先ほど書いた「時短営業」なんかは、まさに経済が止まってしまう政策の一つだと思います。


そこで僕は「お金持ちに対する嫌悪感を捨てろ」と、国民全員に声を上げたいと考えています。

これ以上、人を死なせない

今まで、特に日本人の多くは、お金持ちに対する嫌悪感を捨てずにいました。


自分より稼ぐ人間には……

  • 「詐欺師!」
  • 「宗教!」
  • 「金のことしか頭にない!」

などと揶揄を飛ばしてきました。

その風潮は、今でも全く変わっていません。


しかし、コロナが蔓延した今の世界では「お金」に困っている人が山のようにいます。

国が経済を止めてしまえば、労働収入はガクンと下がってしまいますからね。


加えて、お金の勉強をしない人も、山のようにいます。

学校教育に「お金の教育」は含まれていないので、お金に対して人々は「?」なわけです。

でも今の世界では、お金に困ってしまう挙句、自ら命を絶ってしまう人がいると……。


こうなったら「お金の勉強」をする以外に、解決策はありません。

少しでもお金の知識を蓄えて、自分たちの命を守る必要があるからです。


つまり、お金持ちに対して嫌悪感を抱くという文化も、いい加減ガラッと変える必要があります。


お金持ちを否定していたら、お金を持つこと自体、許されない社会になってしまいます。

そうなった暁には、人々はどんどん死んでいくでしょう。

まとめ

それでは、今日の内容をまとめていきます。


「お金持ちに対する嫌悪感を捨てろ」は、次のとおりでした。

  • 経済打撃
  • これ以上、人を死なせない


お金の勉強は、ホントに大事です。

本や動画を通じて、とにかく知識を蓄えていきたいところですね。


というわけで以上となります。

最後までご閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました