社会人が「平均6分」しか勉強しない世界

School

皆さんこんにちは、きいらすです。

Minecraftで未来都市を作ったり、ネット個展を開催したり、コミュニティを運営したり、Twitterで仕事論をつぶやいたりしている中学生です。

不登校でひきこもりながら、ビジネスの研究をしまくっています。


本日は「社会人が『平均6分』しか勉強しない世界」という内容でお話ししていきます。

このタイトル、事実です。


✔︎この記事を読むメリット

  • スマホの可能性を再認識できる
  • 社会人が勉強しない理由を知れる
  • 学ぶコトが、驚くほど楽しくなる

社会人が「平均6分」しか勉強しない世界

現代の社会人は、1日あたり平均6分しか勉強していません。

歴史上、最も学びやすい

スマホが登場したのは、ここ数十年の話です。


世界的に普及しているiPhoneは、2007年に初めてアメリカで発売されました。

そこから一気に世界へ広がり、いまや「1人1台」スマホを持つ時代にまで、突入しつつあります。


もはや、その機能の多くを見てみると、革命としか思えませんよね。

  • 電話ができる
  • ゲームができる
  • 知人とメールができる
  • 音楽がサブスクで聴ける
  • 場所問わず仕事ができる
  • 世界のニュースが見れる
  • YouTubeで動画が観れる
  • Twitterで誰でも発信できる
  • ワンタップで調べ物ができる

冷静に考えて、無敵のツールです。


スマホさえあれば、人生勝ち組だと思っても良いくらいでしょう。


学校で勉強してきたコトでさえ、調べれば一発で表示されてしまいます。

歴史上、最も学びやすい時代と言っても過言ではありません。

それでも勉強しない社会人

しかしながら、現代人の多くは、ほとんど勉強していないという事実もあります。

総務省の調査によると、現代の社会人の勉強時間は、なんと「1日あたり平均6分」だそうです。


6分って、ほとんど学校の休み時間ですよね笑

逆にその短時間で、何を学べるのか純粋に気になります笑


なぜ、これほど勉強しない大人が増えてしまっているのでしょうか?


僕的には、学校で「勉強=辛いコト」という印象を、植え付けられてきたからだと考えています。

しかし実際、学ぶというのは超楽しいんです。

自己成長に繋がりますし、謎の自信にもなりますし、僕はめちゃくちゃ楽しいです。


でも学校の勉強は、ホントに辛い内容しかないので、勉強嫌いが増えるのも少し納得できます。

ただ、社会を生きる「社会人」だからこそ、やっぱり勉強は必要でしょう。

好きなコトを学ぶ

社会人が「自ら」勉強するためには何が大切か、いろいろ考えてみました。


結論から言うと、好きなコトから学んでみてください。

これさえ意識しておけば、余裕で勉強が好きになると思います。


そもそも、なぜ僕が「勉強好き」かといえば、好きなコトしか学んでいないからなんですよね。

YouTubeやニュースアプリ、本などで頻繁に学んでいます。

  • 仕事
  • ビジネス
  • 時代の流れ

基本的に、この3つが僕の好きな分野です。


なので、この3つ以外は、ほとんど勉強しないようにしています。

我慢を許容してしまうと、勉強が嫌いになってしまうからです。


「自分はどんな勉強が好きで、どんな勉強スタイルに適しているのか」


こういった部分を知ることが、勉強好きになる近道かもしれません。

自分を知り、物事を知り尽くしていきましょう。

まとめ

それでは、今日の内容をまとめていきます。


「社会人が『平均6分』しか勉強しない世界」は、次のとおりでした。

  • 歴史上、最も学びやすい
  • それでも勉強しない社会人
  • 好きなコトを学ぶ


大半の人は勉強していないので、少し勉強するだけで、圧倒的に強いです。

他人との差別化を図りたい人は、ぜひ「学び」から始めてみてください。


というわけで以上となります。

最後までご閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました