競争から離れないと、お金の安定は得られない

Money

皆さんこんにちは、きいらすです。

Minecraftで未来都市を作ったり、ネット個展を開催したり、コミュニティを運営したり、Twitterで仕事論をつぶやいたりしている中学生です。

不登校でひきこもりながら、ビジネスの研究をしまくっています。


本日は「競争から離れないと、お金の安定は得られない」という内容でお話ししていきます。

まずは、収入源に目を向けていきましょう。


✔️この記事を読むメリット

  • 広告収入という稼ぎ方の限界がわかる
  • 「競争」より「共創」が強い理由を知れる
  • お金を稼ぎつつ、人との繋がりを増やせる

競争から離れないと、お金の安定は得られない

皆さんは、競争に参加していますか?

新しい職業

近頃、新しい職業はどんどん増えています。

今までの歴史では想像もできないような「ナニソレ!」と驚いてしまう職業が目立ちつつあります。


たとえば……

  • ブロガー
  • ライバー
  • YouTuber
  • 動画編集者
  • Webライター
  • VRアーティスト
  • Uber Eats 配達員
  • インスタグラマー
  • ロボットデザイナー
  • オンラインサロンオーナー

少し挙げるだけでも、こんなにあります。

どれも、ここ最近から登場し始めた職業ばかりです。


たとえば「ブロガー」や「YouTuber」。

2つの職業は、ご存知の人も多いかと思います。


共通点としては、両方とも「広告収入で稼ぐ仕事」だという点です。

サイトや動画に広告を貼り、クリック数や再生回数に応じてお金をいただく仕組みですね。


最近よく見る、かなり一般的なインターネットの稼ぎ方です。

ですが僕的には、あまりオススメしません。

広告収入というレッドオーシャン

ブロガーやYouTuberの中にも、すでに気付いている方がいるかもしれません。


広告収入という稼ぎ方、そろそろ厳しいと僕は思っています。


理由は、下記のとおり。

  • 広告主の顔色をうかがう必要がある
  • 広告単価が下がる危険性がある
  • 好きなコトで生きていけない

この3つですね。

特に「広告単価が下がる危険性がある」と「好きなコトで生きていけない」はデカいです。


コロナのような津波が来たときに、ブロガーやYouTuberの収入は大きく下がりました。

広告単価が、世界的にダダ下がりしたからです。


加えて、広告収入で稼ごうと思うと「好きなコト」で生きていけないんですよね。

アクセス数や再生回数を稼ぐためには、GoogleやYouTubeのアルゴリズムに沿っていかなければいけません。


運営側が「教育系のコンテンツを推します」と言ったら、発信者もそのとおりにしないと、数字を稼げないんです。

つまり「発信内容」が、運営側に委ねられているんですね。

これって、好きなコトで生きているとは言えないと思います。


全てはアルゴリズム次第ですから、自分が好きなように記事を書いたり、動画を撮っていても、あまり「数字」や「お金」を稼げないということです。


他の発信者と競争しながら、自分を殺して生きていかなければいけません。

僕は「好きなコトで生きていきたい」と考えているので、こういう広告収入という稼ぎ方は、やめようと決めました。


レッドオーシャンの領域は、迷わず放棄です。

「競争」より「共創」

間もなく、競争の時代は終わるでしょう。

いくらアルゴリズムに従ったり、大多数の人が求めている発信で競争し続けても、結局キリがないんです。


「これ、幸せな生き方ではないかも」

そう感じる人が、徐々に徐々に増えているのではないでしょうか?


もちろん、広告収入で幸せに暮らしている方は沢山いると思います。

ブロガーやYouTuberは、まさにその代表格ですよね。


ただ、広告収入で幸せに暮らせていない人も、沢山いるはずです。

お金や数字は安定しないですし、他人を落として自分を棚に上げている人は結構いますし、好きなコトで生きていくのも厳しいですから。


なので、これからは「競争」から「共創」の時代へシフトしていく気がしています。


争っていた人とも繋がり、関係性を持ち、コミュニティを形成し、「皆んなで作る」生き方・働き方になっていくのではないでしょうか?

そのほうが、コミュニケーションの機会も絶対増えますよね。

助け合いや協力の文化が広まっていけば、個人の収入も経済も、今よりは確実に安定するでしょう。


なので、僕はすでに「共創」を意識し始めています。

競争から離れて、皆んなで共創するスタイルを、確立していくつもりです。

まとめ

それでは、今日の内容をまとめていきます。


「競争から離れないと、お金の安定は得られない」は、次のとおりでした。

  • 新しい職業
  • 広告収入というレッドオーシャン
  • 「競争」より「共創」


競争しがちな現代人ですが、実は逆効果だったりします。

これからの時代を見据えつつ、面白い共創をしていきましょう。


というわけで以上となります。

最後までご閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました