発展途上こそが最高のコンテンツ【応援される仕組みとは】

Creative

皆さんこんにちは、きいらすです。


Minecraftで未来都市を作っています。

コンテンツ制作も、やっております。


本日は「発展途上こそが最高のコンテンツ」という内容でお話ししたいと思います。

創作において非常に覚えておくべきことなので、是非お付き合いください。


発展途上こそが最高のコンテンツ

これが今日の結論です。


未完成は「応援」を作る仕組みになる

これは仕事でも、勉強でも、創作全般でも言えることです。

人は完成していないものに特に興味を持ちます。

プロ野球選手の大会というよりかは、甲子園の方が応援したくなる感覚です。

最高の地位にまでは達していませんが、寧ろそれが応援の的になるという訳ですね。


予想できない段階である

まだ何者にもなれていない状況でも、それは素晴らしい価値です。

今後が予想できない段階なので、見る側からすれば期待したい気持ちになります。

「どこに向かっているのだろう」「どんな存在になるのだろう」

こういった「関心」を集めることが、現代では非常に大切になってきています。


これからを作る物語

未完成ということは、ファンと一緒に未来を作っていけるということです。


「過程」がエンタメになる

今はインターネットの普及により、誰でも発信が可能となりましたよね。

努力している人は、どの時代でも日々コツコツと挑戦し続けています。

つまり、その努力の「過程」をSNSやブログ等で発信していくべきです。

未完成(努力中)=未来が予想できない=一緒に未来を作っていくエンタメをすれば、応援してくれるファンは獲得できます。

時代の変化によって生まれた価値を明確化し、その特性を利用していきましょう。


人々の感情をコントロールする

期待されたり、注目の的になる為には、人々の心を動かさなければいけません。

応援されるような仕組みを構築し、アピールするのです。

上手くいけば、周りのファンの方達と一緒に未来を作っていけるでしょう。

「応援される仕組み」の作り方は、この後解説します。


「過程」を物語にする方法

これは昨日の記事でご説明させていただきました。

3つ目の大見出しに書いてあるので、ぜひ参考にしてみてください。


応援される仕組みとは

では、人々の心を動かし、応援される存在になる為にはどうすれば良いのでしょうか。

主に下記の通りだと思います。

  • とにかく面白くなければいけない
  • 何度もどん底に落ちる
  • 夢を掲げ、目標へ突き進む

順に解説していきます。


とにかく面白くなければいけない

当然ですが、面白がられる為には、面白くなければいけない訳ですよね。

中途半端に臨んでいたら、誰も応援したくはなりません。

まずは熱意を高め、そのうえ活動が魅力的でなければ、注目されることは無いです。

いかに面白くできるかを常に考えていきましょう。


何度もどん底に落ちる

最初は(或いはいつまでも)完璧主義の方が多いと思います。

しかし「面白さが大事」とは言っても、完璧な状態が面白いわけではありません。

なるべく失敗やピンチを繰り返した方が良いです。

人は誰かが挫折している姿を見て、応援したくなりますよね。


夢を掲げ、目標へ突き進む

現代では「夢」を掲げたハッタリ人間が勝つと思っています。

僕が尊敬している堀江貴文さんや、西野亮廣さんも、夢を掲げて挑戦しています。

そして、失敗を積み重ねながらも挑戦している彼らを見て、応援したくなる人はどんどん増えていくという訳です。

やはりいつの時代も、夢を持ったドリーマーが最強ですね。


まとめ

それでは今日の内容をまとめると…

  • 発展途上こそが最高のコンテンツ
  • 未完成は「応援」を作る仕組みになる
  • 予想できない段階である
  • これからを作る物語
  • 「過程」がエンタメになる
  • 人々の感情をコントロールする
  • 「過程」を物語にする方法
  • 応援される仕組みとは
  • とにかく面白くなければいけない
  • 何度もどん底に落ちる
  • 夢を掲げ、目標へ突き進む

こんな感じです。

未完成・未熟でも「応援される仕組み」さえ捉えてしまえば、なんとかなります。

寧ろ可能性が広がるので、めげずに挑戦と失敗を繰り返していきましょう。


というわけで以上となります。

最後までご閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました