不登校はズル休みじゃない件【理由も解説/立派なチャレンジです】

School

皆さんこんにちは、きいらすです。

不登校になりつつ、ブログ・アフィリエイトで月収10万円を目指している中学生です。


  • 「私はいま不登校だけど、不登校ってズル休みなのかな」
  • 「学校を休むことって、悪いことなのかな」

そう感じている不登校の学生さんは、多いかと思います。

僕自身、不登校になったばかりの頃は、罪悪感みたいなものがありました。


でも今は、罪悪感など抱えずに、チャレンジする日々を送っています。

本日は、そんな「不登校はズル休みなのか」という話題についてお話ししていきます。


✔︎この記事を読むメリット

  • 休むことに対する罪悪感が消える
  • 不登校がズル休みじゃない理由を知れる
  • チャレンジする日々を送れる

不登校の学生さんは、ぜひ最後までご閲覧ください。


不登校はズル休みじゃない件

結論から言うと、不登校はズル休みじゃないと思っています。

理由は下記のとおりです。

  • 理由①:不登校は立派なチャレンジ
  • 理由②:多様な能力が身につく
  • 理由③:休んでも、他人は他人です

順に解説していきますね。


理由①:不登校は立派なチャレンジ

まず不登校って、立派なチャレンジだと思います(ポジショントークではありません)。

なぜなら「考える力」が鍛えられ、間違いなく成長できるからです。


例えば、不登校になったら「今日は何をしよう」と、自分の頭で考えますよね。

逆に学校へ通う場合、決められた時間に、決められた授業を受けます。

まるで教師の奴隷になったかのように、皆んなと同じ日常を歩むことになります。


これからの時代で生き残るには「考える力」は必須です。

自分の頭で考え、行動した人こそが、圧倒的に伸びていくと思います。


学校全てを否定しているわけではありませんが、奴隷になるのは嫌ですよね。


理由②:多様な能力が身につく

不登校になると「考える力」の他にも、さまざまな能力が鍛えられます。

具体的に言うと、僕だったら「文章力」や「想像力」ですかね。


ブログ・アフィリエイトに挑戦したおかげで、多少なりとも成長できたと思います。

さらに今後は「稼ぐ力」も身につける予定です。


こういった能力は、学校で身につけようと思っても限界があります。


しかし不登校だと、余裕が生まれて、ネットや本で学べる時間が増えるんですね。

果たして「学べる時間」を増やすことが、ズル休みになるのでしょうか?


ただボーッと過ごすだけなら勿体ないですが、全員がそうではありません。

なので「不登校=ズル休み」と決めつけるのは、違う気がします。


理由③:休んでも、他人は他人です

休みたいのであれば、全然休んでもいいと思います。

むしろ休んだほうが心も落ち着きますし、生産性も上がりますからね。


「同級生にズルいと思われてないか心配」「学校を休んでない人に申し訳ない」

そう感じたとしても、気にする必要はありません。

他人は他人ですし、大切なのは「自分はどうしたいのか」という部分だと思います。


学校に行きたいなら行く、行きたくないなら行かない、単純な話です。

そもそも学校に通ってる人は、さほど不登校生のことなど気にしてないですよ笑


僕が久しぶりに学校へ行ったときは、特に問題が起きるわけでもなく、そのまま帰宅しました。


不登校になったらチャレンジすべき3つの行動

では、不登校がチャレンジすべき3つの行動もお伝えしておきます。

具体的には下記のとおりです。

  • その①:プログラミング
  • その②:好きなこと・得意なこと
  • その③:お金の勉強

順に解説していきますね。


その①:プログラミング

一つ目は、プログラミングですね。

PC(またはスマホ)で文字を入力し、コンピューターに指示をする作業です。


かなり需要が高まっているスキルなので、身につければ「社会で必要とされる人材」になれるでしょう。

実際、すでにプログラマーを必要としている企業は多いです。


「難しそう…」と感じる方もいますが、慣れれば意外と楽しいので、試してみる価値はあります。

頭の悪い僕ですら、1日目でポンポン作業が進みました。

特に不登校で「パソコン・スマホで作業するのが好き」という学生さんは、多いのではないでしょうか。

そういった不登校の方はぜひ、腕試しをしてみてください。


僕が選ぶ「おすすめのプログラミングスクール」は、下記のとおりです。


✔︎ゲーム制作を学べる「TECH STADIUM」

リンク:https://tech-sta.com/lp/


よくあるWEB系のプログラミングスクールとは異なり、”ゲームに特化”しています。

オンラインスクールなので、不登校でも自分のペースで楽しく学べますよ。


ゲーム好きな方、ゲーム業界に興味のある方は、ぜひ無料オンライン相談へご参加ください。


その②:好きなこと・得意なこと

不登校がすべき2つ目の行動は、好きなこと・得意なことですね。

なぜなら、好きなことや得意なことは、長続きして成長スピードも早いからです。

例えば、僕の場合だと「ブログ」「アフィリエイト」あたりになります。


学校を休んでいても、何かしら好きなことだったり、得意なことってありますよね。


ゲーム、読書、Netflix、動画、SNSなど、なんでもいいです。

もしなかったら「他の人に褒められたこと」を思い返してみてください。

褒められたこと=得意なことに直結する可能性があります。


まずはそれらに没頭して没頭して没頭して、少しずつスキルを高めていきましょう。

想像していなかった価値が、生まれるかもしれませんよ。


その③:お金の勉強

不登校がすべき3つ目の行動は、お金の勉強です。

というか、これは不登校じゃなくても学ぶべき部分だと思います。


生きる上で「お金の問題」は必ず付きまとってくるでしょう。

お金がない、家賃を払えない、買いたい物が買えない、電気代が高い……。

こういった問題に備えるために「お金」に対する知識を蓄える必要があります。


でも、学校には「お金の授業」など存在しません。

だからこそ、不登校や、学校を休んでいる方は、お金の勉強を続けると強いですね。

学校に通っている学生さんは、ほとんどお金の勉強などできないわけですから。


ネットや本を漁れば、お金に関する情報はたくさん出てきます。

それらの情報を、SNSで自分なりに発信してみるのも、良い学びに繋がるでしょう。


僕も、あらゆる「お金の知識」をSNSや当ブログで発信しています。

気になる方はぜひ、チェックしてみてください。


まとめ

それでは、今日の内容をまとめていきます。


「不登校はズル休みじゃない件」は、次のとおりでした。

  • 理由①:不登校は立派なチャレンジ
  • 理由②:多様な能力が身につく
  • 理由③:休んでも、他人は他人です


そして「不登校になったらチャレンジすべき3つの行動」というお話もしました。

  • その①:プログラミング
  • その②:好きなこと・得意なこと
  • その③:お金の勉強

できれば、3つとも試してみることをおすすめします。


不登校でも、自分たちの行動次第で、将来は決まります。

決してズル休みではないので、どんどんチャレンジする日々を楽しんでいきましょう。


というわけで以上となります。

最後までご閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

  1. […] […]

  2. […] […]

タイトルとURLをコピーしました