クオリティの種類は2つ存在する【結論:外見の質と、人の質です】

Creative

皆さんこんにちは、きいらすです。


Minecraftをコツコツやっております。

最近は未来都市を作ったりしてますね。


本日は「クオリティの種類は2つ存在する」という内容でお話ししたいと思います。

作品・コンテンツ作り等をしている方は、読むと役立つかもしれません。


クオリティの種類は2つ存在する

世の中には2つの「質」があるのではないでしょうか。

下記のとおりです。

  • その①:外見の質
  • その②:人の質

順に解説していきましょう。


その①:外見の質

一つは、見た目で判断できる「外見の質」です。

建物、イラスト、文章、映画といったものがこちらに分類されますね。

クオリティ=外見の質というのは、一般的な考え方だと思います。


その②:人の質

そしてもう一つは、制作関係者などで判断する「人の質」です。

「あの人が作った映画だから」「あの人が描いた絵だから」「あの人が関わっているから」という理由で作品を楽しむ機会は多いですよね。

行動のきっかけには「人」が大きく関わっていたりします。

  • 作品の見た目の良さや、技術力に着目して「外見の質」で判断する場合
  • あの人の作品、パフォーマンスだから確認したいという「人」で判断する場合

こんな感じで、クオリティの種類は2つ(或いはそれ以上)存在するというわけですね。


エンタメ業界では「人」で判断されることが多い

テレビ番組、映画、ドラマ等の世界では「人」で判断される場合が大半だと思います。

「女優の◯◯さんが出演しているから、観てみたい!」「監督が◯◯さんなら面白そう!」

恐らく読者の皆さんも、このようにエンタメを判断する機会は多いですよね。

もはや作品の内容など関係無く、「人」が良ければ観てしまうという現象です。


作品自体の「クオリティ」に逃げてはいけない

個人的な持論としては、これですね。


土台が無ければ上に積み上がらない

勿論、イラストだったら絵の質だったり、映画だったら物語の質だったり、その要素を高めることも大切だと思います。

大切なのですが、意外とそれ以外の要素(人の質など)も重要ではないかと感じますね。

めちゃくちゃ面白そうな内容なのに、主演が見知らぬ一般人のドラマだったら、誰も観ませんよね(逆に観るか)笑

土台さえ無ければ何を積み上げようとしても積み上がらないので、注意すべきです。


バランスの維持が重要

かと言っても、作品の内容は内容できちんと拘った方が良いと思うので、バランスが大事ですね。

「人」の価値も高めつつ、作品の「外見」や「内容」も同時に高めていく。

どちらかが崩れたら全滅なので、それだけは避けたいです。


「人の質」を高める方法

質の高め方なら、調べればいくらでもヒットするかと思います。

なので、ここでは「人の質」を高める方法について書いていきます。


結論:人間性を晒していくべき

その人の生き様だったり、価値観をなるべく全て晒していくと良いと思います。

今はTwitterやInstagramを始めとしたSNSが普及し、誰でも発信できる時代になりました。

この流れに上手く乗り、人間性を発信していけば、その人の質は確実に上がっていきますね。


圧倒的な結果を出すというのもアリ

一度ヒットさせてしまえば、その人の信用が増え、良い循環になりそうですよね。

実際そうで、アーティストも一度ヒット曲を出してしまえば、ある程度の人気は維持されています。

それは圧倒的な結果を出したからであり、同時にその人(グループ)の質も高まっているからでしょう。

人の質を高める為に、作品の質を高めて一度ヒットさせるというのも一つの手だと思います。


まとめ

それでは今日の内容をまとめると…

  • クオリティの種類は2つ存在する
  • その①:外見の質
  • その②:人の質
  • エンタメ業界では「人」で判断されることが多い
  • 作品自体の『クオリティ』に逃げてはいけない
  • 土台が無ければ上に積み上がらない
  • バランスの維持が重要
  • 「人の質」を高める方法
  • 結論:人間性を晒していくべき
  • 圧倒的な結果を出すというのもアリ

こんな感じです。

今後はこういった内容の記事をどんどん投稿していくので、宜しくお願いします。


というわけで以上となります。

最後までご閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました