文章を書くなら「滲み出るモノ」に注意しよう

Creative

皆さんこんにちは、きいらすです。

Minecraftで未来都市を作ったり、ネット個展を開催したり、コミュニティを運営したり、Twitterで仕事論をつぶやいたりしている中学生です。

不登校でひきこもりながら、ビジネスの研究をしまくっています。


本日は「文章を書くなら『滲み出るモノ』に注意しよう」という内容でお話ししていきます。

僕が大好きな、文章に関するトピックです。


✔︎この記事を読むメリット

  • 文章でバレてしまう要素がわかる
  • 成長に欠かせない2つの行動を学べる
  • 日常の質を高め、開き直れる

文章を書くなら「滲み出るモノ」に注意しよう

これ、意味わかんないですよね。

具体的にお伝えしていきましょう。

全てが見抜かれる

こうして文章を書いている身として、必ずやっているコトがあります。

それは、ツイッターを眺め、メモ代わりにつぶやきを投稿することです。


要するに、文字の「インプット&アウトプット」をするわけですね。

人間、成長するためには「失敗」と「学び」が必須になると思います。

失敗しなければデータが取れませんし、学ばなければ次に活かせません。


この2つ、僕に置き換えると下記のようになります。

  • 失敗 → 文章で発信し、失敗するコト
  • 学び → 文章を読み、学ぶコト

非常に単純ですが、こんな感じになります。


これら全ての行動は、ツイッターで完結できてしまいます。

短文のメディアではありますが、ある程度の知識は身に付くんですね。

そんな僕は、学んでいる際に気付きました。


「文章って、人間性が丸わかりじゃない?」


性格、思想、価値観、人柄など……。

書いてる人の全てが丸わかりになってしまう。それが文章だと気付きました。


なんとなく気付いてはいましたが、いろいろ学んだ末、改めて深く実感しました。

そう考えると「文章」って、めちゃくちゃ恐ろしいモノですよね。


全て見抜かれるかもと思うと、恐怖でしかないです笑

日常の質を高め、開き直ろう

「自分の人間性、バレたくない…」


おそらく、SNSなどで文章を書いている6割くらいの人は、こう思うでしょう。

悪い部分までバレてしまったら、あまり良い気分にはなりませんよね。


しかし、表面的に防ぐプロセスは、何一つありません。どうせ見抜かれます。

文章から滲み出てしまいますし、防ぎようがないんですね。


むしろ「日常の質」を高めて、良い人間性を保つしかないのです。


他人や自分に嘘をついても、損をする一方です。

あるいは「全てさらけ出す」という手もあるでしょう。


開き直る気持ちで、良い部分・悪い部分をさらけ出してしまう感じです。

  • 日常の質を高める
  • 全てさらけ出し、開き直る

このどちらかを選べば、大損失は避けられるはずです。


最強なのは「日常の質を高め、開き直る」という、上記の2つを同時に行なう手ですね笑

良い人間性を保てるが故に、悪い部分まで認めてくれる人が現れるでしょう。

まとめ

それでは、今日の内容をまとめていきます。


「文章を書くなら『滲み出るモノ』に注意しよう」は、次のとおりでした。

  • 全てが見抜かれる
  • 日常の質を高め、開き直ろう


文章って、めちゃくちゃ面白いですよね。

その奥深さに、僕はいつも惹かれています。


というわけで以上となります。

最後までご閲覧いただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました